ほげらばり養成所

うつ病、不安障害、適応障害で1年半休職しリワークを経て復職 ただいま完全な社会人に戻るため奮闘中

うつがうつを呼ぶ

病気を理解し受け入れることは大切
認めることも大切
理解して受け入れることができたなら「自分は病気じゃない」と思う、認められなくてもそれでいい。
うつの時は「認められない自分はダメ」「認めなければ」と、深追いしてしまうことがある。
深追いしてしまうと、うつから抜け出せずに同じところをぐるぐる回るだけなのでは?

うつのことを知ろうと、うつ病関連の書籍を読んだり、ネット検索したりもする。そういう時も大切。でもそこにとどまってはいけない。ひととおり勉強して情報を得たら、立ち去る決意が必要。

うつコミュニティも、同じ境遇の人たちと話ができるのはとても貴重で大切な時間。でも自分が回復してきたらそこから離れる勇気が必要。
自分と同じように苦しんでいる人たちのために、自分の体験少しでも役立てば…という気持ちも大切だけど、それを生かすのは、病気を本当の意味で過去のものとし、病気または病気の人と適切な距離感を保つことができるようになったとき。

 

だから、私はまだ本当の意味で回復していないのではないか?と思ったり。

 

そんな事を悶々と考える。