ほげらばり養成所

うつ病、不安障害、適応障害で1年半休職しリワークを経て復職 ただいま完全な社会人に戻るため奮闘中

思うように進まない復職

なぜ思うように進まないのか・・・

そもそも、“思うように”というあたり、歪んだ認知から出てきている自動思考がある訳なのだが、なかなかどーして、修正できないのが自動思考である。

自動思考のもととなる、認知のゆがみ(極端なものの考え方や受け取り方)の代表的なものは以下の通りである。

認知のゆがみ

  1. 根拠のない決めつけ
  2. 白黒思考
  3. 部分的焦点づけ
  4. 過大評価・過小評価
  5. べき思考
  6. 極端な一般化
  7. 自己関連づけ
  8. 情緒的な理由づけ
  9. 自分で実現してしまう予言 

こころが晴れるノート:うつと不安の認知療法自習帳 より

こころが晴れるノート:うつと不安の認知療法自習帳

こころが晴れるノート:うつと不安の認知療法自習帳

 

 では、

復職に対してどう考えているのか・・・なのだが、

いきなり休職前と同じようには働けないとは思うが、そこそこは出来るはずだ。いやむしろ、そこそこ出来ないとダメだ。上司は「最初は身体を慣らす期間だから焦らずに、ちゃんと毎日出てくることから始めよう」と言ってくれているが、そんな生ぬるいことをやっていては、いつまで経ってもダメなままだ。1年半分の周回遅れを取り戻すことはできないが、これ以上離されないようにしなければならない。先週はちゃんと勤務できたのだから、今週もできるはずなのに、なんで出来ないんだ・・・。もうダメだ。職場には戻れないのかもしれない。いや、職場どころか社会に戻れないのではないか・・・。

とか。

こんなことを悶々と考えては、「認知歪んでるぞー」と自分で自分に注意喚起する半年間であった。 

悶々しすぎ。

心も身体も疲れます。

リワークで“認知行動療法”についても学び、知識は得ているはずなのだが、それを実生活に生かすには、身体中に染み付いているスキーマやらトラウマやらを、どう消化すればいいのか・・・。